乱暴なDTM講座

DTMの闇に切り込んだ国内初のブログ

F98B03306E6749F39108660DA2A609D6_12001

久しぶりの更新だ。喜べ。

今日はまじめな話をしようと思う。
俺の経験上、日本では音楽理論を学ぶのに適していないとはっきり言える。

それは日本は音名の「Cとかドとかイとか」呼び方が混在しているからだ。

学校の音楽の授業の時点ですでに
ドレミファソラシドイロハニホヘトが混在している。
これって古い慣習ってだけで、実際効率よく物事を覚える
事に大きく反しているのだ。

そんで自分でギターでも始めるか。となったら今度は
CDEFGABときたもんだ。

本当は音楽理論の基礎なんて、ものすごいシンプルなのに
1つの事を別の言語で説明してしまっているから
ややこしくなっているんだな。

あと音楽理論ってクラシックの人が教える時とジャズの人が教える時で
大分違う。

一般的にジャズの方が数学的クラシックの方が肉体的だと思う。
クラシック寄りの人から学ぶと、コードアレンジとかリズムアプローチとかが
よくわからなくなる。

日本ではジャズの人から教えてもらうという文化が
あまりないし、ジャズ系でも教えるのが下手な人も多いので
大多数が、ピアノ教室から音楽理論の手ほどきをされる。これは楽典がもとになってるから
とにかく内容が古いし固い。おまけにロ短調とかドレミファが混在している。

でも、実際巷に売っている音楽を作るのに最も役に立つのは
ジャズ→バークレー→の流れを組んだポピュラー音楽理論が一番いいと思う。
内容がシンプルだからだ。

クラシックが全面的に悪いとは言わない。クラシックは譜面に強くなる。
譜面を読んで自分がシーケンサーになることは、音楽を理解するのに近道だ。
しかし、子供のころからやってないとつらい。

ある程度大人になってコードとリズム譜が読めるくらいであれば
絶対にポピュラー音楽理論の勉強をするのをオススメする。
だが、多分いい先生はその辺にいないと思う。

先生によっては、音楽を聞く耳に偏りがあって、生徒が好きな音楽を
その音楽は間違っている。なんて平気でいう人もいる。

これは単純に勉強不足なだけであって、そういう音楽を分析できる
方法論を知らないだけである。(本当にいるんだよ。)

俺は昔「菊地成孔」という先生の元で何年か学んで、いろいろと腑に落ちて
知識としての音楽理論の概要はようやく理解できた。

当然それを手で演奏できるというのは全く別の次元であるが、当時の俺には
感覚だけを頼りに音楽を作ってきていたから、そのよりどころができただけでも
かなり心理的にも楽になった。

ところで直接的に音楽理論ではないが、作曲家、アレンジャーが必要なノウハウを
養うのに適した楽器はずばり、エレクトーンだと思う。
エレクトーンは、ベース、上モノ、ドラム、リズムチェンジアンサンブルを全身を使ってやるので音楽全体の構図を学べる。

クラシックピアノだけを何十年もやるよりも、絶対にお金を稼ぐ音楽を作る能力が
養われやすい。




先日俺は、コンビニでこの曲を聴いて衝撃を受けた。
 
JUJUのプレイバック

あれ!?このリズム。どこかで聞いたことない???


というか、洋楽好きならみんな知ってるこの曲(テイラースイフトのシェイクイットオフ)のまんまコピーじゃねーか!

いや、音楽は似ることあるし、オマージュだってあるし
シーンだってあるし・・・。いろんな言い訳あるよ。

でもリリースするタイミングとか、まだshake it offの熱冷めやらぬままに
臆面もなくリリースするって・・・。ずいぶん強気だな。

これレコード会社の戦略なんだろうけど。どういう風な感じで
この曲作ろうと思ったのか知りたい。

今までだっていろいろ似てる曲はあった。
でもここまでオンタイムでフォローするのって、斬新。
今一番流行ってる曲を速攻パクれる勇気。今まで誰もなかった。

だから是非ともJUJUさんには、ライブで、
「次の曲はShake it off にインスパイアされた、オリジナル曲。プレイバックです。お聞きください!!」
ズンパパズンパパ♬。ってやってほしい。

お前らもチマチマ、イギリスの音楽の一部分をコピーしてねーで
これくらいおおっぴらげにやれよ。天下を取るやつは
人のものを平気で盗めるやつなんだよ。

これからのJ-POPはどれくらい豪快にパクれるかが物を言う時代到来の予感がするぞ。




 

03072913

さて、このブログではDTMをやってる癖にまったく
曲を作らないオマエらが陥っている、数々の罠を、結構詳しく解説してきた。
そして、前回はそれらの解決策として、まずカレーを作れとオマエらに提案したわけだ。

カレーを作れば、作曲出来るようになる!!と信じているオマエ。
偉いぞ。その忠誠心が大事だ。

カレーは今後も毎日作り続けろ。そして、そこから派生して、ハヤシライス
オムライス、肉じゃがと展開していってもいい。
作り方がわからない時はクックパッドを見ればいい。
日本中の主婦たちの知恵が、そこにあるぞ。
冷蔵庫のあまりもので、簡単なメニューが思いつくようになれば一人前だ。

さて、今日のテーマは重いぞ。

ズバリ、『オリジナリティって何?だ。

オリジナリティ。なんとも甘美な響きだな。かっこいいわ。モテそう。
みんなオリジナリティを出そうと必死だ。
なぜなら唯一無二なもの、マネされないものをやれば
それだけで、価値があるからな。

ところが、実際に何かを作ってみればわかるが、
なかなか唯一無二なものは作れない。
大抵何かの二番煎じ、三番煎じになってしまう。
それはなぜか?

人間が好むもので、人間が思いつくのは、大してパターンがないからだよ。
俺から言わせれば、オリジナリティなんてものはまやかしだ。
そんなもんこの世にねぇ。なんでもかんでも何かの模倣だ。組み合わせだ。

ニルバーナも、パンテラも、斬新だ!と言われるものすべて
何かのマネだよ。所詮細かいところをみて、ここがちょっと違うから
オリジナルとかロッキンオンとかバーンのライターがションベンちびりながら
のぼせ上がって書いてるだけだ。

事実ヘビーメタルは90年代に進化が止まった。
それどころか、エレキギターを使った音楽は進化が止まった。
しかし、いまだに売れてるものは売れている。
それは、結局音楽も芸術も、新しく生まれる世代が、初めて聞くタイプの音だから
「これは新しい!オリジナルだ!」とか言ってるだけだ。
FUJIROCKとかでのぼせ上がってるやつは全員そう。
どいつもこいつも、歴史を振り返らない、すっとこどっこいってわけだ。

なので、オリジナリティってのは無いってこと前提で
セールストークとして使えばよい。
いるだろ。よく。洋楽のまんまマネしてるだけなのに
いっぱしのクリエイター(創造主)気取りしてるプロデューサーが。
単にマネが上手で、国内にそれをやるやつがまだ少ないってだけなのに
オリジネーター気取り。笑わせるわ。

音楽なんてものは、よくできてれば、人の心を打つわけ。
それで、アーティストが、これ
「アメリカのマドンナのマネなんです。一生懸命コピーしました。」
とか言ってたら買ったやつの夢が壊れるだろ?
だから、あたかも、オリジナルのフリするんだよ。
情報格差を利用した商法だよ。

あと、オリジナリティとかいって、単に下手なのをゴリ押しでやるやついるだろ?
特に大阪あたりに。ごろごろと。こいつらは、音楽を金に変える気がないだけ
いつまでも親の金で遊んでたいだけ。シーンとか大げさなこと言いやがって
内容はたいていワンコードで遊んでたり、ノイズ鳴らして奇をてらってるだけ。
高円寺にもゴロゴロいる。

お前がセールストークでオリジナリティって事にこだわりたいのなら、
もう、自己洗脳するしかない。これは俺が考えたんだ。俺はえらい。俺はすごい。
俺は唯一無二だ。俺こそオリジナルだ!って毎日アファメーションして高めろ。
そしたら、リスナーがお前のまっすぐな目をみて信じてくれるから。
まずはそこからだ。

コメント欄に続きが読みたいって5件書かれたら続き書くわ。
俺のモチベーションを上げてくれ。

↑このページのトップヘ