DTMのやってる奴は、バンドが面倒になったやつが多い。という話を結構前にした。DTMなら全部一人でできちゃうからな。ところがバンド時代に例えばギターだったやつが、打ち込みするとなると、途端にベースとドラムをどう作っていいかわからなくなったりする。当然ボーカルラインもだ。そういうときは、こういう風にそれぞれの楽器がどう動いているかを動画で見ると良い。実際に手で弾いているのを見ると、たとえば結構スライド入れるんだな。とかあそこでタムをいれるのか。とかいろいろ明らかになる。Youtubeなら、たまに全パートあるから楽だ。これはラルクだからたまたまあったけど、ない場合はライブ動画みるとか、曲のEQで低音だけ鳴らしてベース聞いたりね。






かくいう俺も全パートお粗末なので、常に楽器は勉強したい。したい。と思っているよ。